• ダイニングセット
  • 木製の椅子

木材利用ポイント

仲間と地球

木材利用ポイントとは
木材利用ポイントは木造住宅の新築や増築、床や壁などの木質化リフォーム工事、木材製品の購入や薪ストーブの導入等に対して付与される。
この制度は地域の木材需要の拡大による第1次産業をはじめとする地域産業の活性化、そこから波及する地域経済全体の振興を目的として創設された。
また地域の林業の安定は森林の適正な整備・保全を実現し、地球温暖化防止に資するという効果も期待されている。
得られたポイントは全国各地にある窓口に申請することにより利用可能である。

被災者支援のために
復興支援住宅エコポイントは温暖化対策という従来の目的に東日本大震災の被災者支援を加えて2011年に設けられた制度である。
省エネ法の基準を満たす住宅の新築や、窓・外壁・屋根などの断熱といったエコリフォームの実施、太陽熱システムの利用などに対して付与される。
これらを被災地にて実施した場合、他の地域の倍のポイントを得ることが出来る。
従前の住宅エコポイントとの大きな相違点として、復興支援住宅エコポイントではその半分以上の交換対象が被災地の特産品等の復興支援商品に限定されている。

ポイントについて

木材と石

木材利用ポイントとは
住宅エコポイント、復興支援住宅エコポイントに続いてもうけられたのは、木材利用ポイントの制度です。
平成25年4月から始まったこのポイント制度は、地域材の需要喚起を促すために、地域の材木を活用した住宅の新築や木材製品の購入などに対してポイントを発行するというものです。
もらえるポイントは新築で1頭当たり30万ポイント、木質化工事の場合最大30万ポイントとなっています。
したがって、新築の際に地域材を使い、床や壁などにも地域材を使えば合わせて60万ポイントもらえることになっています。

リフォーム工事

地球

住宅エコポイントとは
住宅エコポイントとは、外壁や窓などの断熱性能や気密性がトップランナー基準などの一定の基準をクリアした新築住宅や、リフォーム工事をした場合に利用できるポイント制度です。
発行されたポイントは様々な商品や商品券などと交換することができる制度です。
平成23年7月末までの工事着工分をもってこの住宅エコポイント制度は終了しましたが、東日本大震災支援のために、復興支援住宅エコポイントとして、制度を改め再開しています。

新たなエコポイント
復興支援住宅エコポイントは住宅エコポイントに代わってもうけられた制度です。
被災地いがの地域では平成24年7月4日をもって受付は終了しています。
しかし、この日付までに予約が完了している物件であれば、ポイント申請期限までに申請することでポイントの発行は可能となります。
住宅エコポイント同様、新築だけでなく一定条件を満たしたリフォーム工事でも利用することができます。
ポイントの交換についても期限がありますから、せっかく手にしたポイントを無駄にしないように早めに交換しておくように注意してください。

カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031